日仏翻訳・通訳

反橋妙子のホームページへようこそ

 
1980年に渡仏、仏語をフランスで学び、リヨン第二大学で言語学を専攻し、修士号を取得。リヨンの高校および大学で日本語を教授。南仏のコゴランに移転後、1994年からフリーランスで翻訳・通訳家として仕事を始める。

モナコ、ニース、カンヌ、サン・トロペなどコート・ダジュールのリゾート地に近いことから、ガイドとして日本人観光客に接する機会に恵まれる。

 

1.通訳の経験

リヨン在住の頃より、通訳として活動を開始。演劇祭で舞台監督の通訳を努める。

南仏移転後は、アヌシーのアニメ映画際とカンヌの国際映画際で、アシスタントとして通訳を努める。ここ数年、ファッションショーの通訳を年2回依頼されている。

 

2.活動範囲

南仏はマントンから、コート・ダジュールのリゾート地、マルセイユにかけて、南西部はカルカッソンヌ、ツゥールーズ、ボルドーまで仕事で赴く。もちろん学生生活を送ったリヨン市にも詳しい。

体力と健康に自信があり、フランス語圏なら遠くでも赴く意思あり。

 

3.実務翻訳

女性であることが長所となる、コスメとガストロノミーを得意のジャンルとしている。

しかし、高度な特許翻訳も日本語から仏語へ行っている。

 

4.対応言語

通訳、翻訳ともにフランス語から日本語、日本語からフランス語(ネイティブチェックを含む)